乾燥肌の30代におすすめのスキンケア

30代になってから乾燥肌が気になるようになってきた…というあなた。
20代の頃はしっかり乾燥肌対策できていた化粧品でも、30代に突入すると、これまで通り使っていても乾燥対策しきれないことが出てきます。

30代はお肌が変化しやすい年齢でもあるので、20代の頃とは肌質が変わってきたと感じる事も出てくるでしょう。

これまで使っていたコスメが30代でもマッチするとは限りません。30代に合ったコスメを選ぶようにしましょう。

乾燥肌を促進させないためにも、お肌の状態に合わせてケアしていく事が大事です。
今回は、どのようなスキンケアが必要なのか迷っている方のために、乾燥肌が気になっている時の化粧品選びや、おすすめのスキンケア法についてご紹介していきます。

○30代で乾燥肌が目立ってくる原因

そもそも30代で乾燥肌が気になってくる原因には何が挙げられるか知っておきましょう。
30代の頃は20代の時と比べて、基本的に肌が乾燥しやすいと言われています。

それは、30代はお肌の水分や油分が減少しやすいからです。
肌にも十分な水分量がなければ、肌に潤いは生まれません。
肌の水分量は、生まれた時をピークに、年齢を重ねるごとに減少していくと言われています。

さらに、肌の潤いには水分だけでなく油分も必要です。
油分も20代後半から少しずつ減ってきてしまうため、30代になってからは油分と水分の両方を補給していかなければなりません。
この補給が不十分で、乾燥が目立っている人も多いのです。
お肌の乾燥は、紫外線や摩擦の影響も受けやすいです。
乾燥をそのままにしていると小じわの原因になるなど、様々なお肌の悩みにつながってきてしまいます。

もしも今乾燥肌が気になる…という30代の方がいましたら、まずはお肌に不足しがちな油分や水分を補うようにしましょう。

保湿をしっかり行っていく事で、乾燥肌を防いでいく事ができます。
○30代におすすめのスキンケア

乾燥肌の対策をしていくには、30代に合ったスキンケアを行っていく必要があります。

・基礎化粧品は適量~多めにつける

乾燥肌防止のためには、お肌のお手入れが必須となりますが、基礎化粧品に使うコスメは適量~多めを心がけて使用するようにしましょう。
それぞれのメーカーによって、そのコスメの効果を最大限に引き出しやすいように、
目安の量を定めている事がほとんどです。
そのメーカーに推奨されている適量よりも使用量が少ないと、満足いく効果が得られない事もあるでしょう。
高価だったからといってあまりケチらずに、乾燥肌対策のためにも、まずは多めか適量を心がけるようにしましょう。

・肌に合わない成分は控える

特に乾燥肌の方は、肌が敏感になってしまっている事があります。
特定の配合成分の種類や配合量によっては、お肌にマッチしていない場合も考えられます。
肌に合っていないと当然肌のコンディションは不安定で、乾燥肌も招いてしまいがちです。

新しいコスメを使う時は必ずパッチテストを行い、問題がないか確認しましょう。
自分が苦手な成分をあらかじめ知っておくと便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする