敏感肌の人は顔にどんな保湿対策をすればいいの?

敏感肌にお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
敏感肌の場合、お肌が乾燥しやすいことがあります。
適切なスキンケアとしてどのような事をすればいいのでしょうか。

○お肌が乾燥する原因って?

肌が乾燥しやすいのは季節の変わり目や、生活環境の変化、花粉やたばこの煙です。
これらの要因によって肌がかぶれやすくなってしまいます。

さらにストレスも敏感肌の大敵です。
実は日本人女性のうち、約7割が敏感肌だと言われています。
皮膚科に行っても敏感肌というのは医学的な症状ではありませんが、日本人でも敏感肌で顔にトラブルを起こしている人は多いです。

敏感肌になってしまうと、顔がつっぱる、かぶれる、ヒリヒリする、かさつくなど、不安定な状態になってしまいます。
勿論乾燥もしやすくなります。

○敏感肌はきめが細かい?

敏感肌で損してる!と思ってしまう女性も多いでしょうが、もともと敏感肌の女性は、お肌のきめが細かいのが特徴です。

美肌の性質を兼ね備えているのですが、敏感肌だとヒリヒリ、カサカサしてしまい、それが肌の表面に出てしまい、見た目も炎症しているように見えてしまいます。

○保湿クリームだけじゃない!洗顔から大事

乾燥しないように保湿するには、クリームや化粧水だけが必要だと思っていませんか?
実はクレンジングと洗顔の段階から対策が必要です。

敏感肌の保湿技のポイントとしては、刺激を与えすぎないようにする事です。
クレンジングは成分にも気を付けて選ぶべきでしょう。

オイル性のクレンジングや油性のジェルは洗浄力の強い成分が入っており、敏感肌であまりメイクを濃くできない肌には強すぎてしまいます。

保湿成分の入ったもので、お肌に長く置かなくてもスルスルこすらずメイクを落としてくれるでしょう。

クレンジングもシャワーで直接洗うのはおすすめできません。
熱すぎるお湯ももっといけません。
洗顔で保湿する際は、ぬるま湯で落ちついて洗う事が大切です。
そしてゴシゴシ急いで洗うのではなく、ゆっくり洗うようにしましょう。

洗顔は界面活性剤の少ないものを選びます。
クリームや石鹸のどちらでももこもこ泡立てるといいでしょう。

泡で洗顔するようにします。
この泡は洗う時は指が直接お肌につかないようにするためですが、ナイロンのネットを使って洗顔料にお湯を少し混ぜながら泡立てるといいでしょう。
30秒もするとしっかりした泡ができます。

まるでケーキにでもなったような気持ちで、クルクル顔全体に手を動かして洗っていきます。

ぬるま湯で優しく素早く泡を洗い落しましょう。
こすって洗っていた時のきゅっとした感じもないので、汚れが落ちているか不安になるかもしれませんが、ちゃんと汚れは落ちています。
最後はタオルで優しく押さえながら水分を取り除きます。

○クリームや美容液は乗せる感覚でつけるといい?

洗顔後、化粧水をつけたらそれで終了にしてしまっていませんか?
化粧水をつけた手がお肌に吸いついて、お肌がサラサラしてきたら、美容液やクリームを使って保湿していきましょう。
この時のコツとしては、塗る感覚ではなくお肌に乗せる感覚です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする