乾燥肌対策になる食べ物には何があるの?

乾燥肌をどうにかしたい!と思っている女性は多いでしょう。
クリームなど使って外側から乾燥対策するのもいいですが、食べ物の中にも乾燥肌対策に効果的なものがあります。
そこで今回は、乾燥肌にお悩みの方のためにも、乾燥肌対策になるような食べ物をご紹介します。是非ご参考にしてみてください。

○納豆
大豆イソフラボンで有名な納豆。

イソフラボンは納豆の代表的な成分でもあり、女性ホルモンと似た働きをするものと言われています。
そしてコラーゲンの生成を助けるためにも、お肌の乾燥を防ぐことにつながります。
お肌の潤いをキープしてくれるたんぱく質をはじめ、ビタミンB2、ビタミンE、肌の新陳代謝を活発にして、皮膚を健康に保つ亜鉛などもしっかり含んでいるので、乾燥肌対策になるでしょう。

○青魚

鯖やイワシにはビタミンAや不飽和脂肪酸、良質なたんぱく質が含まれています。
特に不飽和脂肪酸は血液の流れをよくしてターンオーバーを促進させ、乾燥肌の改善へと働きかけてくれるものです。

○アボカド

アボカドと言えば「森のバター」と呼ばれている食べ物です。
脂質が豊富で、その中でも不飽和脂肪酸はオレイン酸が多く含まれています。
その他にも、セラミドの生成に携わるリノール酸やリノレン酸も含まれているので、これらの脂質が角質層を保護して、乾燥肌を予防してくれます。

乾燥肌や肌荒れを防いでくれるビタミンA、乾燥肌から生じるシワを予防するビタミンC、
肌細胞の新陳代謝を促し、乾燥を防ぐビタミンB2やビタミンEなど、お肌に必要な栄養バランスがたっぷり含まれています。

○ブロッコリー

皮膚組織の修復・再生を促進するビタミンAをはじめ、乾燥からできるニキビや吹き出物を予防するビタミンB群、ビタミンC、E、亜鉛などの栄養が豊富です。
特にビタミンAは100g摂取するだけでも一日の摂取量のうち、1/4が摂れてしまいます。
さらにビタミンCは、レモンの約3倍もの量が含まれています。

○卵

特に卵黄の部分が乾燥肌に有効です。
卵と言えばたんぱく質が豊富な食べ物ですが、ビオチンという成分も含まれ、これが皮膚の健康を保ってくれる働きがあります。
脂質やたんぱく質、ビタミンAなど、お肌に必要な栄養が豊富です。

さらに「プロリン」と呼ばれるコラーゲン構成には欠かせないアミノ酸も含まれているので、毎日とっておいてもいい健康食品です。

○アーモンド

アーモンドというとおつまみの印象が強いですが、アーモンドはとても栄養価が高く、
最近注目を集めている食べ物です。ミネラルやビタミンもバランス良く含まれていますが、
その中でも抗酸化作用の高いビタミンEも豊富です。

アーモンドが乾燥肌対策にいい理由としては、アーモンドには乾燥からお肌を守ってくれるオレイン酸が70%含まれているからです。

○かぼちゃ

目にも良いと言われるかぼちゃですが、肌の粘膜にもいい食べ物です。

かぼちゃにはβ-カロテン、ビタミンC、E、食物繊維、亜鉛などがバランス良く含まれているので、乾燥肌を防ぐ栄養を効率よく摂取する事ができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする