トリニティーラインジェルクリームの使い方とは?

トリニティーラインジェルクリームは乾燥肌対策としていいと言われているコスメですが、
正しい使い方をしていなければせっかくの効果も半減してしまいます。
そこで今回は、トリニティーラインジェルクリームの使い方についてまとめてみましょう。

○トリニティーラインジェルクリームはどのくらいもつの?

トリニティーラインジェルクリームの内容量は1個50gで、約1~1カ月半使用する事ができます。

○トリニティーラインジェルクリームの正しい使い方

トリニティーラインジェルクリームの使い方はごくシンプルで、まずはお肌が清潔で綺麗な状態で使うのが基本です。

洗顔後はお風呂がりの後に使用するといいでしょう。
パール粒2つ分を手のひらに乗せ、顔にまんべんなく伸ばしてマッサージしていきます。
指の腹を使ってゆっくり顔の中心から外側へ、下から上へと優しく馴染ませるようにつけていきます。
夜と朝の2回使用するといいでしょう。

○デリケート肌でも使ってもいいの?

もともと敏感肌の方は、使い方云々よりトリニティーラインジェルクリームを顔に使っても大丈夫なものかどうか気になる人もいるでしょう。

結論からいってしまうと、トリニティーラインジェルクリームは優しさと品質にこだわった成分を厳選しているので、敏感肌に使用しても問題ありません。

敏感肌や年齢肌の方にも、安心して使えるような使い心地を基準に作られているからです。

○トリニティーラインジェルクリームはこんな方へ

次のような肌のお悩みを持っている方は、是非一度トリニティーラインジェルクリームを使ってみてください。

・笑うと目尻にできる小じわが目立ってしまう
・ハリやツヤが足りない
・保湿対策してもすぐに乾いてしまう

年齢肌を放置しておくとさらに潤いが不足してバリバリに乾燥してしまい、一気に老け顔になってしまいます。

肌の保湿に必要不可欠なセラミドは年々減少してしまいますし、不足してしまうと潤いを蓄える力が低下してしまい、様々なトラブルが発生してしまいます。

○トリニティーラインジェルクリームを使った人の口コミ

「エイジングケアのために化粧水やパックなど、順番を変えて使っていましたが、トリニティーラインジェルクリームはこれ一つでケアできるのでとても便利です。

初めて使ってみた感想としては、モチモチして毎日使っていくたびに、肌にどんどん潤いが吸収されていくのがよくわかりました。
夜に塗って、翌朝まで潤いが実感できる手放せないクリームです。」

○お肌にセラミドが不足してしまうとどうなってしまうの?

セラミドと言えば、肌の保湿キープには欠かせない成分です。
セラミドが減少すると外的刺激に対応できなくなってしまい、肌内部の水分が蒸発してしまい、お肌がカサカサの乾燥肌になってしまいます。
しかし残念ながらセラミドは年齢と共に減少していくので、外からのケアが必要です。
外からしっかりセラミドを入れていく事によって、年齢を重ねても肌の保湿対策をしていく事が可能です。

⇒トリニティーラインの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする